eマーケティング協会

eマーケティング協会の副会長・理事の紹介です。


専務理事紹介

デジタルハリウッド大学 教授
匠英一

■氏名:匠 英一(たくみ えいいち)

■役職:専務理事

■所属:デジタルハリウッド大学 デジタルコミュニケーション学部:教授

■略歴:

専門は認知科学(心理)を軸にした営業・購買心理、創造性育成、商品企画・サービス開発、ナレッジマネジメント、CRM(顧客管理法)など心理系とIT系の2つの顔を持つ。

90年東大大学院教育学研究科を経て筑波大学大学院経営・政策科学研究科で認知科学を学ぶ。

現在、顧客志向の心理マーケティングや認知行動療法をテーマとして、組織活性化や商品企画・開発手法を展開。現在、大学と兼務で多数の大手メーカーやサービス系企業のコンサルティングを精力的に行い、人材育成事業などに従事。

これまで早稲田大学客員研究員、(財)中央職業能力開発協会OA中央試験委員、見える化経営協会LLP会長、(社)CRM協議会理事など歴任し、他にもeマーケティング協会専務など公的な資格団体や業界団体など14件創設。

主な著作には、「顧客見える化」「心理マーケティング」「CRM入門」「カスタマー・マーケティングメソッド」「使える心理テクニック」「図解でわかる心理学」多数有り。

明治大学大学院 研究科長・教授
上原征彦

■氏名:上原 征彦(うえはら ゆきひこ)

■役職:理事

■所属:明治大学大学院 グローバル・ビジネス研究科教授

■略歴:

東京大学経済学部卒業、日本勧業銀行(現みずほ銀行)、(財)流通経済研究所、明治学院大学経済学部助教授、同教授、ペンシルバニア大学客員教授を経て、2004年より現職。専攻はマーケティング戦略論、流通論。政府の産業構造審議会委員として流通部会長、サービス部会長を務める。2010年6月より財団法人流通経済研究所 理事長に就任。

主な著書に『経営戦略とマーケティングの新展開』、『マーケティング戦略論』 などがある。


専修大学ネットワーク情報学部 教授
江原淳

■氏名:江原 淳(えはら あつし)

■役職:理事

■所属:専修大学 ネットワーク情報学部:教授

■略歴:

財団法人 流通経済研究所 主任研究員を経て、1989年より専修大学。

流通経済研究所でPOSデータ分析サービスシステムを構築・提供。1983年より日本初のスキャナパネルデータを実用化し、調査部でなく営業企画部でのデータ活用の範型を広めた。1994頃よりデータウェアハウスとデータマイニング手法に取り組んでいて、ID-POSデータでの販売促進システムの構築等に現在も関与している。大学では「ネットワークとマーケティング」等を担当、行動ターゲティング手法やLPOに関心がある。

データ解析手法を活用した認知科学的な店舗内消費者行動研究が専門で、日本消費者行動研究学会(JACS)元会長・日本マーケティングサイエンス学会や日本商業学会でも活動した。


デジタルハリウッド大学大学院 教授
海老根智仁

■氏名:海老根 智仁(えびね ともひと)

■役職:理事

■所属:株式会社オプト(取締役会長)

■略歴:

慶應義塾大学経済学部卒、

産能大学大学院経営情報学研究科(MBA課程)卒、中小企業診断士。

大手広告代理店退職後、財団法人社会経済生産性本部において

経営コンサルタントの認定を受け、その後1999年9月株式会社オプト入社

2001年1月 同社 代表取締役COO就任

2006年1月 同社 代表取締役CEO就任

2008年3月 同社 代表取締役社長CEO就任

2009年3月 同社 取締役会長CSO就任

2010年1月 同社 取締役会長就任、現在に至る


■その他講演、書籍など:

デジタルハリウッド大学院教授(「インターネットマーケティング」

「事業計画手法」「ビジネスプランニング演習」等担当)。

ビジネス・ブレークスルー大学 非常勤講師。

「サイバーコミュニティを使った『ニーズ調査』の有効性に関する比較研究」

(経営情報学会2000年、共同研究)

「インターネット広告による売上革新」(同文舘出版2006年、共著)

「会社を替えても、あなたは変わらない」(光文社出版2008年)

「Webマーケティングコンサルタント養成講座」(翔泳社2008年、共著)

「eコマースプランニング入門講座」(翔泳社2009年、共著)

「モバイルマーケティングコンサルタント養成講座」(翔泳社2010年、共著)

等学会・講演活動多数。


法政大学経営学部 教授
木村純子

■氏名:木村 純子(きむら じゅんこ)

■役職:理事

■所属:法政大学経営学部教授、法政ビジネススクール教授

■略歴:

【学歴】

神戸女学院大学文学部卒業、

ニューヨーク州立大学大学院コミュニケーション研究科修士課程修了(MA)、
神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了(商学修士)、
神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了、博士(商学)。

【職歴】

2001年羽衣国際大学産業社会学部専任講師、同助教授を経て、2005年法政大学経営学部助教授に就任。2010年同教授。

【研究テーマ】

専門は消費文化論。ビデオグラフィーを用いた質的調査手法で、消費を通じた母娘の関係性やラグジュアリの意味を明らかにしている。海外での発表も積極的に行っている。2010年度は、マーケティングサイエンス学会、消費文化理論学会、ヨーロッパ消費者行動学会、消費者行動学会での発表を予定している。
法政大学での担当科目はサービス・マネジメント論。ホスピタリティやサービス・イノベーションの事例研究を行う。

【最近の業績】

Kimura, Junko. and Tanaka, Hiroshi. (2009) "Binomial Structure in Luxury:
Analyzing Overseas Trip Experiences of Japanese Well-to-dos," Advances in
Consumer Research, Volume 36, Ann L. McGill and Sharon Shavitt (eds), MN :
Association for Consumer Research, pp805-806.
「巣鴨信用金庫」『慶應義塾大学ビジネススクール・ケース』2008年。
Belk, Russell W. and Bahl, Shalini., Kimura, Junko., Min, Hyun Jeong. and
Li, Eric P.H. (2008) "Skin Lightening and Beauty in Four Asian Cultures,"
Advances in Consumer Research, Volume 35, Angela Y. Lee and Dilip Soman,
Duluth (eds), MN : Association for Consumer Research, pp444-449.


東北大学大学院経済学研究科 教授
澁谷覚

■氏名:澁谷覚(しぶや さとる)

■役職:理事

■所属:東北大学 大学院経済学研究科:教授

■略歴:

専門はインターネット上の消費者行動。特にネット上の消費者情報処理、およびネット上における消費者間のクチコミ等を介した影響伝播プロセスについて。ネット上に構築した実験用サイトを利用して、実験参加者の態度形成や意見変容を測定する実験心理学の手法を用いた研究を中心とする。
 1988年に東京大学法学部を卒業後、東京電力に勤務しながら、慶應義塾大学大学院経営管理研究科(ビジネススク−ル)でMBAを取得。さらに1998年に同社を退職し慶應義塾大学大学院経営管理研究科後期博士課程で博士学位(経営学)を取得。新潟大学大学院技術経営研究科助教授を経て、2007年より現職。
 これまでに『ネットコミュニティのマーケティング戦略』(有斐閣)、『マーケティング・リボリューション』(有斐閣)、『マーケティング科学の方法論』(白桃書房)、『CGM時代のマンション購入行動に関する研究』(リクルート住宅総研)等、共著多数。他に『マーケティングジャーナル』(マーケティング協会)、『日経広告研究所報』(日経広告研究所)等の一般向け雑誌の他、各種学術誌への投稿多数。いずれもインターネット上のマーケティングや消費者行動に関するもの。
 また、さまざまな企業との産学共同研究を多数実施。ネット上の消費者の行動履歴データの解析や対策の他に、中小企業や非営利組織等に向けたネットクチコミ対応等のSMOやLPO等を中心とした啓蒙的な活動も行っている。


流通科学大学商学部 准教授
清水信年

■氏名:清水信年()

■役職:理事

■所属:流通科学大学商学部 准教

■略歴:


信州大学経営大学院 大学院長・教授
鈴木智弘

■氏名:鈴木智弘()

■役職:理事

■所属:信州大学経営大学院 大学院長・教授

■略歴:


東洋大学経営学部 学科長・教授
長島広太

■氏名:鈴木智弘()

■役職:理事

■所属:信州大学経営大学院 大学院長・教授

■略歴:


東京大学大学院情報学環 客員研究員
前田邦宏

■氏名:前田 邦宏 (まえだ くにひろ)

■役職:理事

■所属:株式会社クォンタムアイディ 代表取締役

■略歴:

株式会社クォンタムアイディ代表取締役。株式会社関心空間取締役ファウンダー。玉川大学経営学部国際経営学科非常勤講師。東京大学大学院情報学環客員研究員。ウェブ草創期から「見えない関係性の可視化」をテーマにネット上での人と人とのつながり方をデザインし,2001年にその活動を発展させたコミュニティサイト『関心空間』を立ち上げる。

趣味や嗜好の共感にもとづくコミュニケーションをウェブ上で生み出すネットワークオーガナイザー。主な受賞に,グッドデザイン賞新領域デザイン部門入賞,日本広告主協会WebクリエーションアウォードWeb人賞。オーバルリンク共同代表。


大阪国際大学 国際コミュニケーション学部 教授
宮崎哲也

■氏名:宮ア哲也(みやざきてつや)

■役職:理事

■所属:大阪国際大学 国際コミュニケーション学部 教授

■略歴:

福岡大学大学院商学研究科博士課程修了。

九州情報大学大学院教授を経て、現在、大阪国際大学教授。

経済、経営関係の執筆および講演活動を行っている。

アイウエオ順